2015年を回顧して、2016年へ

事の例えに
「大きくジャンプする前に、姿勢を低くして・・・」
「夜明け前の闇が一番深い」
などと、

『飛躍する前は辛く苦しいものだ。それに耐えると明るい未来が待っている。』的な、

前途は明るいから今は苦しいが頑張れのメッセージがありますが、
果たしてそうでしょうか・・・?

姿勢を低くしただけでジャンプできずに終わってしまう。

一番深い闇で迷ってしまう。

そんな事が往々にしてあるのが世の中かも知れません。

その現実の厳しさを強く肝に銘じながら、
しかし前途は明るいと信じて
2015年を内省し
2016年を切り拓いていこうと思います。

今年一年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

2015年12月吉日